CheckNoteで複数端末で情報管理をすると便利。

ネットのCheckNote活用でビジネスの効率化を

現在のインターネット社会では、情報過多の状態にあると言われていて、昔であれば、少しでも多くの情報を集める事がビジネスマンにとって必要とされていた事でしたが、現在では、その情報を取捨選択する能力が求められるようになっています。

 

とはいえ、もちろん、正しい情報ソースから正しい情報を得るという事もとても重要な事で、また、それらの情報きちんと整理して、あとで読み返したり、他人と共有する時に、わかりやすい形になっているというのは、すごく重要な事です。

 

今の忙しい世の中の中では、特に外資系などの会社では、徹底的に効率が重視されていて、伝達方法ひとつであっても、他人の時間を奪うような、わかりにくい情報伝達の方法では、自分自身の評価を下げることになってしまいます。

 

このように、組織の中で活躍し、まわりにいるメンバーの仕事の効率を上げるようなデキるビジネスマンになる為には、インターネットの情報を上手に整理する能力が求められるようになっています。

 

このサイトでは、そんなインターネット社会における、上手な情報管理の方法や、情報のまとめ方について、便利なツールやアイデアなどをご紹介していこうと思います。

 

管理人自身も、それほど人に偉そうに指示できるようなレベルではありませんので、あくまでも自分の備忘録という事を兼ねて、勉強の意味でこのサイトを運営していきたいと思っています。

 

ネットのCheckNote

 

  • RSSでの必要なニュースだけを受け取る
  • スケジュールを忘れないようにメモする
  • 使用したファイルがどこにあるかすぐにわかるようにする
  • メモした内容が自分や他人にいつでもすぐシェアできるように整える

 

これらの事は、ビジネスマンであれば当たり前のように考えていながらも、それぞれを完璧に整えられているという人は、かなり少ないのではないかと思います。

 

ビジネスの世界では、ちょっとした時間の効率化が大きな積み重ねとして違いになっていきますので、例えばマウス操作一つや、エクセルのショートカットの操作一つでも、1年間などの長いスパンで考えた場合に消耗する時間は、大きな差となった現れてきます。

 

この一つ何秒の細かい差が、いつまで経っても仕事が終わらない人間と、仕事の成績をどんどんあげながらも、定時になればちゃんと帰っていくような人間との違いになってきます。

 

ただのパソコンの効率化のテクニックを多く知ったところで、それがイコールで仕事が早いという事にはなりませんが、毎日使うツールにおいては、徹底的に合理化の意識を持っておく事も、非常に重要です。

 

また、基本的には電子デバイスを利用するほうが便利ではありますが、かっといて、これまでのような従来型の、システム手帳やノートなどが必要なくなるという事ではありません。

 

あくまでも、そのTPOに合わせたい一番便利なツールの活用ができるように、それぞれの便利なところを取り入れていくようにしましょう。

 

仕事の効率化に役立つものであれば、ちょっと細かいところであれば、ボールペンや万年筆の選び方なども紹介してみたいと思います。

 

日本もどんどん国際化が進んでいますので、限られた時間をどう有効活用するか?という事は、海外を相手にビジネスをせざるを得なくなってくる未来を考えた場合に、本当に重要なポイントとなってきます。

 

約束を忘れない為のスケジュール管理、最も効率がよく重要な事から始めるタスク管理、それぞれの業務において、最も効率の良いやり方…とことん考えていきましょう!

 

日々使用するシステム手帳・リフィルも「単なるスケジュール帳」「予定を忘れないためのもの」と捉えるのではなく、成功するための「夢ノート」であると考えるだけで、日々の仕事の効率は全く違ってきます。

 

管理人が使用しているシステム手帳リフィルは「段取り達人」ブランドです。
システム手帳の詳しい使い方も解説されていて、初心者さんにもおすすめです。

 

>>システム手帳の詳しい使い方

 

仕事の効率化は毎日の無駄を徹底的に排除する意識から始まる

仕事の効率化や時間の節約というのは、結局のところ、日常生活の中で、無駄にあたるものどれだけ排除していけるか?という事を徹底する意識にあります。

 

例えば、毎日スーツを着用して出社する必要がある仕事をしているビジネスマンの場合には、毎日の朝のスーツ選びや、シャツ選び、ネクタイ選びというところが、まず一つの仕事というところになります。

 

この部分において、今日はどのコーディネートにしようか?などと毎日考える事は、言ってみれば、時間のロスと、そこでの選択をする為の精神的なロスになります。

 

このような場合には、3着持っているスーツを毎日ローテーションできるというルールにしてしまうか、潔く、見た目が同じスーツを3着持って毎日同じものを着用するのが良いです。

 

キチンとアイロンがけされていて、きちっと整っていれば、この人はスーツを1着しか持っていない人なんだという印象には絶対になりません。私自身、これを実践していますが、身なりについては仕事仲間にも特に指摘された事はありません。

 

あと、朝起きてから会社に出て行くまでの時間の節約においても、どこまで効率化できるかという事はすごく重要なポイントです。

 

特に朝というのは、予想外の事でいろいろと慌ただしくなってしまうもので、そのせいで、忘れ物したり、電車に乗り遅れたり…気持ちがいろいろ焦っている事によって、普段はしない間違いをしてみたり…。

 

こんなことにならないように、徹底的に無駄を排除しておく必要があります。

 

例えば、夜ちゃんと歯磨きをして眠っているようであれば、朝起きてから特に再度ブラッシングをする必要はなく、リステリン等の洗浄液でうがいをすればそれで十分です。そこに、通勤中にキシリトールガムを噛んでいればそれで十分です。

 

次の男として慢性的に面倒なのが、髭剃りですね。

 

髭そりというのは、見た目の清潔感にダイレクトに影響するものですから、面倒くさいからといって、これを放置したのは会社に出社する事は厳禁です。

 

この日にするという作業にも、地味に5本ぐらいの時間を奪われる訳ですし、また、肌が弱く色白のタイプの人にとってみると、カミソリ負けなどで、口まわりが赤く切れたり印象も悪くなり、夕方になれば、イブニングシャドーでまたヒゲ剃りが必要になる人もいるでしょう。

 

このような無駄な問題を根本的に解消してしまうのには、ヒゲの永久脱毛してしまうというのが、一番おすすめです。

 

管理人の私も、1年前にヒゲの永久脱毛しましたが、快適極まりないです。これによって、顔が若返って見られますし、朝の無駄な手間もなくなり、そして、今後人生で、ブラウンやパナソニックなどの電気シェーバーを購入するコストも必要なくなりました。

 

私の知り合いにも、身の回りでも、できるビジネスマンはヒゲの脱毛をしている割合がかなり高くなっています。一度完了してしまえば、時間とコストの両方の永久的な削減になりますので、これは本当におすすめの方法です。