予想通りに不合理な思考で節約を考える

節約するポイントを間違えていないか?という部分

時間の節約や経費の節約というのは、ビジネスマンであれば、仕事の場であれ、自分の私生活の中であれ、常に注意をしているところではないかと思います。

 

ですがところ、節約や時間短縮の考え方というのも、結構人そろそろの主観が入ってしまうところがあり、第三者である他人から見てみれば、なんて非効率な事をしているのだろう…全然合理的じゃないな…と映っている場合もあります。

 

このあたりの事については、日々の自分の生活の中で、自分が、これは節約しなければいけないと感じたものと、このレベルまで特に節約を考える必要はないだろう…と判断したものについて、いくつかメモしていくようにすると、あとでそれを俯瞰して、自分自身の判断が合理的かどうか?という事を知ることができます。

 

例えばわかりやすい例で言えば、一般家庭の主婦の考え方であると、こんな感じです。

 

  • 電気をマメに消すという節約
  • 無駄な水やガスを使わないようにする
  • 近くのコンビニよりも遠くのスーパーで買い物する
  • スーパーでは安い時間帯を狙って買い物に行く

 

などがあるでしょうか。

 

この節約術を考えている本人にしてみると、これはかなり節約を頑張っている方で、自分は、上手に家計のやりくりができている!という気持ちになるかと思います。

 

ですがその反面、

 

・格安のスマートフォンと言ってもよくわからないから放置
・自動車保険もネットに切り替えると不安だから放置

 

などの、自分に今現在知識がなく、考える事が面倒くさいと感じる節約対策については、放置したままになりがちです。

 

ですがこれを比較して考えてみると、

 

電気屋、ガス、水道の節約というのは、よほど使い方が極端でない場合、普段使っているところから節約をすると言っても、せいぜい月1000円から2000円程度安くなるのがほぼ限界ではないでしょうか。

 

スーパーで安く買い物すると言っても、今のご時世、近くにあるスーパーであればそれほど値段が変わらない状態になっていますから、ごく一部のバーゲン品を購入する為に、どこのスーパーに行くか?を選ぶかという状態になっているかと思います。

 

また、小さな商品のひとつ購入するのも、近くのコンビニでは高いから、ちょっと離れていてもスーパーまで行こう…という行動もあるかと思います。

 

上記のような節約を毎月決定して考えてみたとしても、おそらく5000円に届くかどうかぐらいの節約になるのが、ほとんどのケースではないでしょうか?

 

それどころか、バーゲンセールをしているスーパーに、安い物を買いに小出しに毎日行くことでの、時間の無駄や、そこに向かう交通費の無駄という事もあります。

 

これに対し、現在のスマートフォンの契約料金が6000円ぐらいしているものを、現在実はほとんど電話は不要で、格安スマートフォンで全く問題ない状態にあるのに、月額1500円までやすくなるこの経費を放置。

 

自動車保険も、インターネットで手続きをするだけで、補償内容が全然変わらないのに、年間10000円ちょっとの割引が得られるのに、何か怖い…よくわからない…という理由で放置。

 

こちらの大型の無駄の方が、はるかにかけの中で無駄なお金になります。

 

ですがこのような判断というのが、自分の日々の生活の価値感に置いて、自分主観で判断している為に、自分としては、思いつく限りの節約をしている!という意識になっている為に、なかなかそれ以外の部分には意識が及ばなくなってしまうところがあります。

 

でも、上記のような話を、こうやって文章で提示されてみると始めて、なるほど、大事なところ見落としてしまっているなあ…と気づくわけです。

 

私達ビジネスマンの生活いや、仕事の中でも、このような非合理的なところは、自分の感覚では気付かないところでいろいろ発生しているものです。

 

ですので、自分の財布や貯金通帳から引き落としれているお金を一度時間を取ってしっかりと見直し、実はもっと削れのものがあるのではないか?という事を、見直してみるのが良いです。

 

私生活でこのような習慣を付ける事が、ビジネスの中でも必ず役立つことになりますので、これまで、こういった節約について合理的な判断ができていないと感じている方は、ぜひ実践していってみてください。